「役者たちの修行日記」

2013年06月03日

まだまだ

関谷でこざる。

日々日々、本番は過ぎてゆき。
あと2ステ、残すのみ。

沢山のご感想頂き(ありがとうございます!)、全員一丸、昼より夜、昨日より今日、今日より明日、と未だに隙間を見つけてはお稽古に精をだしております(苦笑)。


「正義を振りかざしてほしくない、その思いは、普通の、日常の生活の中に、日常の会話の中に、見えたいのだ。」

数日前、演出家からのひとこと。
セリフに慣れ過ぎると、強調しすぎて熱弁しすぎて「出し」ばかりが強くなっちゃう。「受け」を忘れんな。「受け」のアンテナちゃんと立てて、今、相手とかわす会話に集中集中。

小さな畳の部屋に集う、家族。姉弟、親子、仲間たち。の、会話。

まだまだ磨けるな。
もちろんコントもまだまだ磨ける(笑)。

あと2回、
残席、も少しありますよ。

写真は、疲れた身体を調整しながらの一枚。後ろ側から見上げた舞台。あと2回だけかコンニャロー!今日もガンバロー!
rps20130603_121517_168.jpg
posted by sgy127 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68763219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック