「役者たちの修行日記」

2013年07月26日

ホラーな演劇?

気がつけば残すところ4ステージとなりました、『虚人の世界』。

皆、セリフもおちてきて、日に日にオモシロい芝居になっています!

「ホラー演劇」と謳っていますが、笑えるところもふんだんにあります。
私と原田さんは舞台袖にいるので、笑いを噛み殺して堪えています(笑)

ガハハって笑いではないかもしれませんが、ムフフってなることが多々ありますよ(^-^)
ホラーが苦手な方も、騙されたと思って、ぜひ劇場にお越しくださいませ〜!


写真は楽屋のアイドル♪
小道具置き場でみんなを和ませる「ワオン」です。


増田和
CA380103-0001.jpg
posted by sgy127 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月23日

本番進行中

関谷でござる。

『虚人の世界』初日から粛々と4ステージを終えました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございます!

今回の特殊な仕掛けのひとつ、ご覧いただいた方はお分かりでしょうが、あの天井からぶら下がっている様々なものたち、実は初日からなんやかんやと細かいトラブルもあり、毎日改良が加えられ、ようやく一段落ついたような気がします。ホッ。

芝居の方は、実際にお客様を前にして、それぞれの俳優たちも少しずつ何かを得ていってるように思います。ムフゥ。

作者の川津羊太郎さんも終末に熊本から駆けつけてくださり、アフタートークもやりました。
昨日は女優陣のアフタートーク。
永川友里ちゃん、板垣桃子さん、いつも楽屋で話していることから、演じる上での思いなどなど、私自身が聞きたかったこと話したかったこと、短い時間でしたが、暖かい客席の皆さまにも助けられ、楽しい時間でした。ウフフ。

さて、まだまだ本番は続きます。
どうぞ楽しんで下さい!

アフタートーク男優編もありますよ。

写真は川津さんのお土産。熊本と言えば陣太鼓!あら、陣太鼓まで?くまもん!可愛い♪
ちなみに川津さんは、作品の雰囲気とは真逆の、優しそうな穏やかな控えめな物静かな方でごさいます。
rps20130723_120508.jpg
posted by sgy127 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月20日

本日2日目、アフタートークあります!

『虚人の世界』、昨日無事に初日を向かえました!

7人のアンサンブルと、お客様と作る空間。本番はやはり、独特の空気でした!


誰でも、『孤独』ということを考えたことがあるんじゃないかと思います。
例えば、自分だけ会話のテンポがずれてるとか、意見を言いたくても言い出せないとか、etc.。

私は言い出したらキリがないくらいなんですが(^_^;)

そういった『孤独』とどう向き合っていくのか、そんなことを思わせる作品です。


本日は、作家の河津羊太郎さんのアフタートークもございます。
どんな話が伺えるのかとても楽しみです!
ご興味あるかたは是非!劇場にお越しください。
お席若干数ございます。
本日、7/20(土)の公演は2時から、アフタートークは終演後です!
中野・劇場MOMOにて、お待ちしています!
posted by sgy127 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月18日

明日、開きます

関谷でござる。

劇場入りして、舞台の立て込み、裏回りのスタンバイ、狭い空間を有効活用する工夫、照明さん音響さんの細かい修正、転換のキッカケの変更、練習、小道具の直しや改良……。

やるべきことが山積みの中、頼もしきスタッフの方々の御協力のもと、少しずつ少しずつ本番の幕を開ける準備が進む。

劇場入りして初めてのランスルー。

段取りやなんやかんやが多いけど、気持ちを繋ぐことに集中する。私自身がどういう気持ちの流れで進んで行くのか……。

こういう作品だからこそ、客観的な目を持ちつつ、気持ちを途切れさせない、集中を切らない、受ける、出す、全部やらなきゃいけない。
いやー、難しい作品ですな。
(さて、どういう作品でしょう?その目でお確かめあれ!)

反省も沢山あった。
案外すんなりできたこともあった。

明日、夜公演の前、ゲネプロ。
今一度、空っぽの客席を前に自分たちで何かをつくる。

そして、幕が開く。

開いたら、きっと、何かが変わる。
それもちゃんと捕まえて、いい……初日を開けたい……です。

ひとりでも崩れたらダメになる。

怖いけど、やりがいアリアリだな。

まだ残席あります。
見届けて損はない!そんな作品になった、と思う。

どうぞ生で体感してくださいませ。

写真は仕込み日の奥村氏。
菩薩みたいなお顔?ただ眠いだけ?疲れちゃっただけ?
開いたら豹変する奥村洋ちゃん、油断のならない最年長……なのだ。
rps20130718_233249_871.jpg
posted by sgy127 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月17日

荒んだり癒されたり

奥村ですがね。

さっきチャリで通りかかった高円寺あたりのでかいマンション。
救急車が赤色灯回してその前に停車している。
夜、赤色灯はすんげぇ刺激的。
近寄ると、思いのほかそこより離れた手前に、二人の制服警官と1人の婦人。逆光で顔は見えない。
チャリで通り過ぎようとした時、警官の1人が無線で誰かに何かを報告する声が聞こえた。

「死んでやるといって…」

しか聞こえなかった。
そこから家に着くまでの数分間、頭の中にあんなこんなドラマが渦巻き興奮状態。
今日の場当たりで、あそこをこう、ここはこっちで、と変更された部分、おさらいしなきゃならんが…。隣の部屋からショムニのドラマが大音響で…。

集中できないまま、興奮状態のまま、今日はなかなか寝付けないだろうな。3分はかかるかも。

写真は益子焼き。
我が家でまず出迎えてくれる。
いつもニコニコ迎えてくれる。
現実逃避できる。image.jpg

2013年07月15日

最後に向けて

関谷でござる。

恐ろしいことにあと2日で劇場入り、という本日。
色々ありまして、まだ7場が手付かず……という状況で始まった本日のお稽古。

とりあえずラスト7場、一歩一歩、流れを作ってゆく。

演じる俳優だけじゃなく、まとめあげる演出家だけじゃなく、衣装、小道具、音響、照明、そして舞台監督、まさに全員が気を抜けない。

最後のシーンをどういうところに落とし込んでいくのか……。
それを表現するためにどうすればいいか……。

試行錯誤しながら時間が過ぎ行き、あっという間にもう夕方。
とにかく最初から通してみよう!ってことで、初めての通し。

もちろんスムーズにはいかんかった。
迷子続出(泣)。
ラストはまだふわふわしてる、どころか、まだ着地できておらず(泣)。

通し稽古が終了したのはもう撤収ギリギリ。
明日1日でどこまで上げていけるか?

とにかく今日のディスカッションや通しを踏まえて、台本読むべし。確認事項を復習すべし。流れを落とし込むべし。
大丈夫、地力抜群のメンバーだもの。
こんな過酷な状況でも、意識してかせずかわからんが、通しの中でもかなりの笑いをもたらす天真爛漫なメンバーだもの。

明日はお稽古開始時間を早めて臨みまする。

最後のお稽古日。
いよいよ開幕が近づく。

ファイッ!!

写真は昨日の休憩中……誕生日を迎えたワタクシのためにお祝いしてくれたの。みんなで歌まで歌ってくれた♪ありがとー!
あら?ローソク5本?50歳になったの?アタイ?(笑)
ローソクはテキトーだけど、ちゃんと甘くないフルーツケーキを選んでくれてるって、泣けるわぁ。
みんなありがとう。美味しかった!
rps20130714_235816_527.jpg
posted by sgy127 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月13日

投票日

奥村ですがね。

まず有権者の皆様に強く訴えたいのは、この7月21日(日)は参議院議員選挙の投票日だということであります。

今回の各党の争点は、言わずもがな。「虚人の世界」を見に行けば世界が平和になるのかどうか。
「虚人の世界」を認めるのか認めないのか。
各党激しい論陣を張る中、政界の長老オクジィの次の発言が話題になってるようです。

「虚人って巨人?」

オーマイガー!

オクジィは置いといて政治評論家の川辺さんに話を伺いましょう。
「川辺さん。今回の政局は余談を許さない情勢だと思われますが、川辺さんの分析をお聞かせください。」
「うーん。虚人って、なんか、難しいよね。パネルの移動とかなんか細かいし…」
「そうよね!そもそもね。この台本ねぇ。セリフ入りにくいのよね。」
おっとー。割り込んで発言するM嬢。あ、SMのMじゃないよ。
「それはそうだけど、作家には作家の具現化したい世界があったわけで、それは尊重すべきだと思うのよね。」出た。Mi嬢のごもっとも分析。「そんなことより、私の出番なんでこんなに少ないの?」食ってかかるY嬢。

21日は虚人の世界は昼公演しかないんです。
昼公演は14:00〜。この日はそれのみ。絶賛発売中。

妙に忙しい日曜日。なんか好きになりそな予感。あたし!投票したあと虚人みに行く!巨人じゃないよ!

虚人、大砲、甘納豆。甘納豆は草加の濡れ甘納豆。

投票に行くってことが、とりあえず、日本を救う。はず。そしてそのあと中野MOMOへ。
疲れ果てて、段取り間違う奥村の姿を見て笑ってやろうというヤカラ。ふっふっふっ。見にくれば?
image.jpg

2013年07月11日

虚人の呪い

関谷でござる。

終日稽古になって、文字どおり一日中お稽古に励んでる甲斐あって、5場、終了。そして6場、時間いっぱいいっぱいまでかかってなんとか終了。

ふぅ。

あとは7場、ラストを残すのみ……って、案外長いのよ7場。

もう頭の中はかなり容量オーバーに近づいてる。段取りが……移動が……シーンの順序が……。

あら?1場ってなんだっけ?2場ってどこまで?休憩中もそんな会話が飛び交う。混乱はみんな同じなのね(笑)。

永川友里嬢は「昨日金縛りにあった」らしい。島田雅之氏もだいぶ初期の頃あったらしい。
板垣桃子嬢は「イヤな夢を見るようになった」らしい。
虚人に呪われてるのか?ひたすら疲れているのか?

満身創痍であと残すところ5日。

ちなみに関谷美香子嬢は「睡眠が足りない」らしい。

写真は『みんな豚になる』の美術だけどさ。あら?なんか見たことある……枠?ご覧いただければわかります(笑)。
rps20130711_120207_021.jpg
posted by sgy127 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月09日

実寸2日目!

昨日は実寸2日目でした!

今回、仕込みが諸々大変で、初日はほとんど稽古が出来なかったので、この日は頭から段取りを確認しつつ、進みます。
今回はいろんな仕掛けがあるので、確認にも時間がかかり、4場終わりでタイムアウト。

でも実際のものが入り、世界がグンっと広がりました!

これからどうなるのか、楽しみです!


写真は発声練習の様子。客演陣もワンツーの発声をいつの間にかマスターしてます!
CA380097-0001.jpg
posted by sgy127 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月08日

ハニーシャポー

image.jpg奥村ですがね。

ハニ・シャポーさんちゅう植物写真家?を捉えたNHKドキュメンタりー、昨日たまたま見ました。お名前、漢字でしたが、なんかあまり見ない字だったし、ご自身の車のボディーに書いてある字も確か、英語だったような…。

身近な植物の「動く」姿。しかも美しい姿。恐るべき美しさでした。買ってきた椎茸の胞子の舞とかね。

ウィンブルドン男子決勝見ながらだと集中できんわ。ジョコビッチって強いね。「ジョコビッチが勝つとユニクロが喜ぶんだよ」と息子が言うのがなんか面白い。お?マレーの方が優勢?なんか緊迫のゲーム展開。

ん?虚人?ちょっと待って。
おう。マレー2セット連取。

虚人。やっとるよ。当たり前じゃん。実寸の昼稽古に入ったよ。
なんかねぇ、美術プランを聞いてた段階では大したことねぇやって感じだったのが、実際仕込んでみようとすると、あ、こりゃ大変、てなるわけさ。いつものことだけど。

ウィンブルドンとか相撲とか、ボクシングとかサッカーとか。
いつも思うけど、頂点の人々の戦い、面白いわ。
そういうハイレベルな緊張感がどれほど気持ちいいか、想像するだけで鳥肌もんだ。

虚人。

そういうハイレベルに、いってる?

いってる。

写真は実寸稽古に仕込んだカーテンレール。吊るのはカーテンなのか?


image.jpg

2013年07月05日

サンルーフ?!

関谷でござる。

本日、4場の終わりまで進みました。
半分は越えたか?

ハイスピード稽古と思いきや、あれこれと細かい段取り、展開、入れ替わり。
やってみればあまりステキじやなかったり、もっとこうかしら?あら?この転換どうするの?アンタな何してんの?だったらこうしましょう、なんて、試行錯誤しながらじわじわ進んでゆく。
それぞれが色んなオモシロトーンを出してくるもんだからまとめるのも大変だよね。

今日は車に乗ってるシーンをやっていたんだが、島田雅之さん(小劇場のエキスパート!?)が勝手に車のサンルーフを利用し始め(って、実際の車はないから想像上のマイムなんだけど……って、この車、サンルーフついたの?)、奥村洋ちゃんと川辺さんがすかさずそれにノリまくる。

「ちょっと!サンルーフがどんどんでかくなっちゃってますけど!それ、おかしくないですか?!」

と演出家にツッコまれながら、楽しげに車のシーンが出来上がってゆく。
うーん、出来上がってはいないか、まだ(苦笑)。ともかく、サンルーフはアリってことになったみたい(笑)。

どんな感じに仕上がるか、見てのお楽しみ♪ね。

そんなこんなで、げ、気づけばあと10日?

明日が最後のお休み日、で、終日実寸稽古に突入しまする。

詰めてもいかなきゃならん、先へも進まにゃいかん。
こっからが腕の見せどころだよ、みんな!

ここに集まった私たち、にしか出来ない、だからできる、そんな舞台が開くことを願って……。


全然作品とは関係ないけど、写真はうちで飲んでるインスタントココア。ゴディバ!暖めた牛乳にとかせばオッケーの粉末ココア。今作は特に脳が甘いものを所望してはいるけど、ちょっとココアはもう暑苦しくなってきた……な。
rps20130705_232409_186.jpg
posted by sgy127 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年07月01日

異形のモノ?

関谷でござる。

さあ、あと2週間ほどで劇場入りとなりましたが。

3場までがとりあえず終了?まだまだ改良、不確定な部分を残しつつではありますが。

今作は古城作品じゃないし、ちょっと変わった作品だし……と思っていたらば、しっかりムーブもありそうで。時間はないけどムーブの練習もせねばなりませぬ。ひいぃ。

異形のモノを表現するよーなムーブをみんなしてやってみてるのですが、何故か演出家は笑っておる。
「川辺さん、異形すぎます……(笑)」
と名指しされた川辺邦弘さん(天下の文学座!)、「一人でやってみて」と言われ全員が見守る。

爆笑。

うん、異形すぎます!
面白すぎます!

いつも以上に個性豊かなムーブをお見せできそうですよ、今回。

とにかく、お芝居が大好きでヤル気スイッチ全開な客演の皆様に支えられ、一歩一歩進んでおります。

あっという間に稽古時間が終了してしまう毎日。

「今日もお疲れさまでした!」の直後。ちょっと、友里ちゃん!ピースしてないで片付け片付け!という写真でごさいます(笑)。
rps20130701_230421_626.jpg
posted by sgy127 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

奥村ですがね。

親族紹介。
前回公演「恐怖が始まる」を見に来てくれた。
写真左は叔父。私が27年前?上京し、劇団一跡二跳としての旗揚げ公演を見に来てくれた唯一の親族。母と同い年。今、81。
ん?ということは当時五十四?五?今の俺の歳と同じくらい?
ああ。そういう頃、田舎から出てきた甥っ子が東京で芝居をやるというから見に来た、ということか。
なんか不思議な感覚。甥っ子って今俺にはいないから、比較できないけど、どんな思いで、見に来てくれたんだろう。
そして今、足腰が弱り、外出もままならない歳になって、再び甥っ子の芝居を見にくる、って、どういう思いなんだろう。

写真右は兄。実の兄。
この人が私の人生にどれほど大きな影響を与えたか。そして今も。
感謝の言葉を言い尽くせない。
ありがとう。

身内のことになると、うまく舌が回らない。すまないねぇ。

若い頃。舞台に立つ時。見返してやりたい相手がいた。普段の俺はグズグズだけど、舞台では凄いんだぞ!的な。別に叔父がその相手ということじゃないけど。

最近、ちょいと気分が違う。
「濃くて密な空気を薄めることなく、さらに濃くする存在でありたい」という願い。

「どうでした?」叔父に聞いた。
「芝居のことは、よう分からん。」
…。


image.jpg