「役者たちの修行日記」

2013年03月31日

雪女

奧村ですがね。

ミカコは怒っていた。
私は女優よ〓 ダンサーじゃないのよ〓なんなの?昨日も今日も、ダンスやらエアロビやら、踊りまくりなんて。あたし、バイキングの気持ちが分かるわ〓「なんて日だ!」
だいたい昨日は、男衆は途中で芝居見に行っちゃって、なんであたしが残って、マッスハラダ相手に踊りまくり?
あたしはいいわよあたしは。まだ若いから。あのK氏がかわいそうでしょ〓ホントは谷をいじり倒すはずだったのに、芝居なんかいきやがったもんだから、マッスハラダ相手に…けっこう楽しそうだからいいのか。
そんなことどうでもいいのよ。ニンゲンの悪業なんてたかが知れてるわよ。
自然よ!一番の問題は自然よ!
なに?!この寒さ!おかしいでしょ〓
明日は四月よ〓新学期よ〓春のはずでしょ〓あーあー。ブルブル。神よ!私をお許し下さい。私は女優でもニンゲンでもなくていいです。寒さを感じない…そう、私を雪女にして下さい。
そして今、まだ雪女になる前の私を隠し撮りしてるあの腹の出たいやらしい醜いジジィを凍死させて下さい。



奥村洋治
写真.JPG
posted by sgy127 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

基礎の大切さ。

30日、31日と久々の稽古です!


いつもの体操。
今日はひとつひとつ解説してもらいながらじっくりと。
体の使い方、どこを動かしたいのか、自分の体はどこが不自由なのか、時間をかけて向き合いました。
間違っていたことも多々あり、どれだけいつも流してやっていたのかと思い知ります。

普段は30分ほどのものを、約2時間きっちりと。


ここで小休止。

と、休憩中に古城さんの観てきた芝居の話になり、
「男優陣は観たほうがいいかもね。観に行ったら?」
なんて言うものだから、奥村さんの知り合いの方が出演しているのも手伝って、即電話。
残りの公演日が、今日明日の2ステで、どちらもすでにキャンセル待ち、開演40分前から並ぶ状態とのこと。それでも、古城さんにここまで言わせる作品、やはり気になる。当日のキャンセル待ち6名をお願いする。

「ほんとに今日行くの!?キャンセル待ちじゃ観られないよ」
と、古城さん。しかしダメもとで、並んでみれば?ということでOKをいただきました。


ならば、観にいくまで、あと1時間半ほど、みっちりと!と、稽古再開!!

ジャズダンスのなかに、あらゆる体の使い方がはいっている、ダンスパートU(と呼んでいます)。今度はこちらを解説してもらいます!

やはり体操と同様、間違っていることがいっぱい…。それでも、こうして動きを確認できることはなかなか無いので、基礎稽古の大切さを痛感。

1時間半ではパートUは終わらず、仕方なく打ち切りに。
すでに観てきた古城さんと、キャンセル待ちでは入れまいと見越した関谷さんは、入れなかったら帰ってきてね〜と、我らを送り出してくれました。


いざ劇場へ!
着いてみれば、すでに長蛇の列。事前に電話していたので、キャンセル待ちの早い番号をもらえましたが…。観れるのか?というドキドキのなか、開演5分前に、
「キャンセル待ちのお客様、ご案内いたします」
私たちは、5〜10番目。
「5番からのお客様、3名様ならご案内出来ますが…」
「わかりました。残りは帰りますから」
「あ、もう一名様、お入りいただけます」

当選4名、落選2名。
古城さんの「男優陣は観たほうがいい」の言葉に、メンズにチケットを譲ることに。

して、原田さんと私は、古城さんと関谷さんに連絡。
「どうする?」
「戻ったら稽古してくれますか?」
「いいよ〜」

戻ってみっちり、マンツーマン状態でパートUの続きを教えていただきました。
こんな状況めったに無いので、これはこれでよかったかも!

21時過ぎに稽古終了。
すでに筋肉痛らしき痛みが…。


さて、今日も稽古です!
行ってきま〜す!


写真は休憩中の様子。すでに満身創痍!?

増田和
CA380240.JPG
posted by sgy127 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

赤身のわたし

昨日は久しぶりに基礎稽古が有りました。

アップでいつもしているエクササイズとダンスを、もう一度押さえるべきポイントをチェックしながらじっくり行いました。

入団よりあまり基礎稽古ができていない私原田と谷本君の為にとやってくれたのですが、

これが、キツイ。
ちゃんとやると…いや、本当はいつもちゃんとやらなきゃなんですが、
改めてこんなにも大変な動きなのかと思い知りました。

バタンキュー状態で寝て、今、案の定身体がギシギシしております。

ダンスを踊っていて、いかに自分が赤身の人間かを思い知ります。

赤身の筋肉は遅筋といって、瞬発力はなく、かわりに持久力のある筋肉。

マグロや鰹などのお魚さんは、広い海域を回遊するため赤身のお魚。

広い海域を移動する必要がない鯛やヒラメは、速筋という白い筋肉のお魚さんで、敵から逃げたりするための瞬発力に優れています。
人間にも、この両方の筋肉があり、その割合は個人差があります。

そして、速筋の割合はトレーニングしてもほぼ増える事はなく、生まれつきの要素が大きいのです。
(遅筋のほうはトレーニングすれば増やせるそうです)

子供のころから身体の動ききに瞬発力の乏しかった私は、当時この話をきいてショックを受けました。

だって、大抵のスポーツや運動は速筋がメインじゃなきゃダメじゃん!!

自分には到底それが多く備わっているとは思えない。落ち込みました。

でもスポーツって、技術や精神面など、他要素も重要なので、ある程度練習でカバーできるんですよね。

身体の動きは鈍くとも動くのがキライではない私はめげずに色んな運動部に入り続け、鈍いなりに身体は発達したと思います。

私はやっぱり、ピュンって動ける人は羨ましいし、スポーツの動きを習得するにも時間がかかります。
でも運動ができるって事自体が幸せだなとも思うのです。

ま、だから劇団の稽古での運動も、マイペースにやっていこうと思います。

昨日は私の動きがあまりに鈍いので、古城さんに何度もどつかれましたが…。


そういえば、浦島太郎の歌の中で竜宮城にて踊りを踊っているのはタイとヒラメだったよな。やはりやるな白身のあいつら。

今日も午後から稽古。身体ギシギシしながら向かいます。

原田
SH3K0024.jpg
posted by sgy127 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

上も下も♪

ゆかです。

 

只今、『二十四の瞳』稽古のため、連日子供たちのかわいらしい姿や島田歌穂さんの美しい歌声に囲まれて、束の間の幸せを味わっております(笑)。

 

もし興味がおありの方は、豊島区「あうるすぽっと」、または島田歌穂さんのHPなどで検索してみて下さい(^.^)

 
■音楽劇『二十四の瞳』(原作/壷井栄、脚本/古城十忍、主演/島田歌穂)

■東池袋「あうるすぽっと」4/3〜4/7まで♪

 

 

ところで………中野の劇場裏の公園は、桜がスゴいんだねぇ!この時期に芝居やったことなかったかなぁ…?上もまだほぼ満開。下は花びらでぎっしり。一面桜。大変綺麗。町内のナントカ会が4/7に“桜の下の句会”を開催するらしいが…週末まではもたんだろ〜な。

じゃ。

13-03-31_001.jpg
posted by sgy127 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

劇団オーディション

昨日、今日と劇団オーディションが開催されております。
オーディションと言っても、基礎訓練であります。
昨日は、体を使うことがメインで、私はめちゃめちゃ楽しくやらせてもらいました。
基礎というのは、非常に大切で面白い☆
昨日の1番の発見は、上半身を固定して下半身を素早く動かす面白さです。
チャップリンの歩き方の面白さは、上半身を固定してあの大きな靴をぺたぺたと歩く姿だと聞いたことがあります。
固定した動きとしてない動きだと全然違い、面白さも存在感も別人です。

そして、訓練中に男優陣は抜けさせてもらい、お芝居を観てきました。
小劇場の面白さを体感出来る、いいお芝居でした。

我々も頑張ります♪
まずは今日を頑張ります。
越智哲也
130324_210141.jpg
posted by sgy127 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月24日

清水!

やってきたぜ清水!
久しぶりの「誰も…」
公演当日はバタバタ!
終わったらとっととバラして退館せねばならぬから劇場入ったらすでにバラシのことを考えねばならぬ、しかーし本番はしっかり芝居をしなくては…

なんやかんやで清水公演終了!
バタバタだったけど見に来てくれた人に感謝☆

ありがとうございます!
NCM_0443.JPG
posted by sgy127 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月23日

海鮮丼

奥村ですがね。

公演&アフタートーク、無事終えました。
私はなんだかウケたようで、何回目かの出番の時、出ただけで待ってました的な笑いが起こり、もちろん、笑いをとるのが目的の芝居じゃないし、古城氏にもあとで、あんたほんと、おもしろおじさんになってるね、と揶揄されましたし、前の役とは違う人物を演じてるので、そのモデルの人にも失礼だろうと、真面目な部分の私は叱る訳ですが、実は私、結構嬉しゅうございました。

終わって、清水文化会館の道向こうにマグロ館ってのがあって、みんなで行きました。
私は海鮮丼9種盛り1500円、を頼みました。美味しゅうございました。

丼物を頼まなかったあと半数くらいの人は

酒盛りを始めました。

飯目的のわたしらは、飯食ったら席を立ち新幹線こだまに乗りました。
明日は
後片付けです。そして、まもなく、5月公演のための稽古が始まります。
ふぅぅ。
写真.JPG
posted by sgy127 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

清水富士

奥村ですがね。

清水富士って言い方あるかどうか知りませんが、そう言いたくなる富士が会館から見えます。
写真だとあんまり大したことないように見えますが、実際、相当でかく見えます。

ここで明日、「誰も見たことのない場所」を演じます。

今回私なりに新鮮な姿勢をキープできた時間を過ごしました。
清水のみなさん。やらかす予定です。
正直な感想お願いします。




奥村洋治
写真.JPG
posted by sgy127 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月22日

明日へ

関谷でござる。

静岡にやってきましたよぉ。
『誰も見たことのない場所』をやりますよぉ。

2007年初演から何回も何回もやってきました。
初演とは代替わりした役もたくさんあります……
同じ役もであっても、6年の月日を経て、何作もの他の作品を経て、各々歳をとって、少しずつ変わってきているのも事実です……

先日、通し稽古を終えた後のダメだしで演出家は言いました。

「手垢がつきまくってる」

慣れすぎた役、流れ、セリフ。
どうしても色気が出て、余計なことばかりやりたくなってしまう。
ふぅぅ。

原点に返って、
伝える。
ということ。

手垢はつくよ。沢山、ずっと、触れてきたのだから。でも手垢がいっぱいついてしまっていても、それを大切に大切に磨けば、新品以上に深く味のあるものになる。
と、私は思う。

それが「今」であり、映像ではなし得ない「ライブ」である意味だと、私は思う。

今日もまだまだ葛藤しながらあがいておりますが。

原点に返って、
大切に大切に磨いて、
届けたい、
と心から思いまする。

静岡の皆さま、
どうぞ受け止めて下され。

明日の一発勝負に思いを込めて。
やるぜぇ。
がおぉぉ!
富士山も見守ってくれてるぜぇ。
うぉぉぉ!
rps20130322_234132_337.jpg
posted by sgy127 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

実寸稽古最終日

どうも谷本です(^_^)


今日は実寸稽古最終日でした!

本当にあっと言う間の実寸稽古。

1日1回のペースで通しをするも、物足りない。

全然まとまらない(..)

口と心と頭がバラバラの感覚だけははっきりあるが、どうしたらいいかがわからない。

難しい(-_-;)


そんなこんなで稽古場をばらすばらす。

明日からは静岡の劇場です。


なんとかせねばと思うものの、気が急いて、さらにバラバラ。

はてさてどうなることか(~_~;)



とりあえず、静岡行ってきます(^_^)


谷本健志。
DVC00036.jpg
posted by sgy127 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月21日

no-title

『誰も見たことのない場所』、今週の土曜日が本番です。

まだまだ役についての課題が山積みなのに、もう一回しか通し稽古がありません。

思い伝える事を大事に。

先輩達もアドバイスをくれます。

頑張らなきゃ!

原田
SH3K0451.jpg
posted by sgy127 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月20日

ファイトp(^-^)q

翌朝のゆかです。

『奇妙旅行』でいただいて、劇場で萎れていた花たちも、我が家で美しく咲き誇っております!「ゆか〜、がんばれ〜」と言ってますね。

はーい!がんばりまーすp(^-^)qファイトp(^-^)q
13-03-20_001.jpg
posted by sgy127 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月19日

すみだ

ゆかです。

『誰も〜』の稽古は今日から3日間、すみだパークスタジオ。実寸稽古です。

朝の9時から建て込んで、昼には美しい木々が立ち並びました。

毎日一回は通すと言ったって、本番までは全部で四回しか通せない。恐れることなく、考えてきたことを試していかなければ!…と、鼻息だけは荒かった私だ。
セリフがまだ全然体に入ってないよ!!…話にならん。だ〜めだ、こんなレベルじゃ。

あと三回。うぐぐ。
13-03-19_003.jpg
posted by sgy127 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月18日

曇りのち雨

WBCをラジオで聞きながら、劇団倉庫に行ってきました。
野球日本代表は敗れてしまいましたが、我々ワンツーワークスは勝ちました。
雲のち雨。
作業終了した、ただいま黒雲が空を覆っていますが、いまだ曇りです。

3月23日、『誰も見たことのない場所』2013静岡公演☆
半年ぶりの上演です。何が生まれるか、誠実に頑張ります。

明日から実寸稽古、さぁ〜やるぞぉ♪

越智 哲也
121216_082307.jpg
posted by sgy127 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月17日

大事な見飽きた風景

奥村ですがね。

チェリャビンスク州チェバルクリ隕石…。早口言葉にどう?

ケンゴ!はたち!おめでとう!ここに書くことじゃない?

一回お休みもらったわがまま役者奥村は久しぶりに稽古ブログを書こうとiPhoneを手にしたわけだが、なんだか恐いゼェ。

「誰も見たことのない場所」…。
ほらあの自殺に関するドキュメンタリーシアター。こんど、静岡県の清水で23日、やるのさ。稽古やってんだけどね。「奇妙旅行」終わって間もないのに、みんなよう、セリフでてくるなぁ。プロの俳優さんみたいだよ。
タップリ時間のあった俺はシドロモドロ。へい。ドシロートオクムラでござい。
くっそう。本番では目にもの見せてやる!…って、稽古の時出せないものは本番でも絶対出ない!とは誰かの口癖だったな。ふぅぅ。

演技って楽しいね。ほんとずっとやりっぱなしだったから、なんか忘れてた気がする。一回お休みがいい方に影響すること期待しよう。
稽古風景。写真に取るといつもおんなじ感じでつまんないと思う向きもあると思うけど、このもう見飽きたよ的な風景もしばらく離れた身には、これが「いつもの」風景の毎日が自分のベースなんだなと実感したり…しなかったり?
IMG_2382.jpg
posted by sgy127 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月15日

まだまだ

『奇妙旅行』が終わったのもつかの間、今日から、『誰も見たことのない場所』静岡公演の稽古がスタートです!

『誰も〜』は、劇団のライフワークともいうべき作品、心してかからねば。
と、思っていたのに、自分のなかで、前回を踏襲してる!?
いかん、いかん、生きた言葉でなければ、ドキュメンタリーシアターは途端に腐ってしまう。
どこかでルーティンワークになってしまっている。

インタビューを受けてくださった方々の思いを忘れてはならない。

稽古時間は短いけど、まだまだもがく。まだ、時間はある。

増田和
CA380239-0001.JPG
posted by sgy127 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月12日

ありがとうございました

千秋楽の夜中…というか朝方に書きなぐったのは、ゆかでした。署名も忘れて…失礼いたしました(T-T)

一昨日、最後のステージも終わり、昨日、劇団内の片付けも終了しました。今後に向けてのミーティングもして、ようやく切り替えることが出来そうです。

たくさんのたくさんのお客様にご来場いただきまして、心から感謝いたします。長年の夢は…想像していたより遥かに苦労の多い道のりでした。

しかし、“旅は道連れ”。同行者がいっぱいいて、心強かった。『奇妙旅行』に参加して下さった全ての方々に……ありがとうございました!!!

ゆか
13-03-05_002.jpg
posted by sgy127 at 11:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月11日

なのに、まだ考えてる。無性にイライラする。明日は…なんて急に思う。届けたい。届かない!!

全部全部終わったのに、腹が立つ。
posted by sgy127 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月10日

さよなら「奇妙旅行」

明日で最後です。
泣いても笑っても最後です、千秋楽、そして劇場から撤収です。

今回の公演は本当に色々ありました、もう今年が終わっちゃうんじゃないかと思うくらい濃い、稽古期間でした。

自分のせいで降板、本当に出演者、スタッフ、制作、劇団員に迷惑をかけ申し訳ありませんでした。

急遽交代していただいた長田さん本当にありがとうございます。

劇場入りして場内整理、演出部として参加させていただき、毎日が多忙でしたが、今思い返すと本当に、久しぶりに、自分が明日劇場から去るのが寂しいという気持ちでいっぱいです。

明日も袖で出演者の鬼気迫る思いを感じつつ千秋楽締めていきたいね!
まだまだチケットございます。
是非劇場で

ありがとう奇妙旅行。
NCM_0423.JPG
posted by sgy127 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2013年03月09日

あっという間

どうも谷本です(^_^)

気付けばあと3ステージ!

今回は最初から台本があり、時間が山のようだと思っていたのもつかの間、まるで塵のように(-_-;)

山も吹かれて塵になる……、なんちゃって(^_^;)


今日は本番終わってから古城さんのダメ出しがありました。

「これは人情旅行じゃなく、奇妙な旅行。」
印象的な言葉でした。

それぞれの重い想いを、抱えて、伝えようとして、反発して、叶えようとして、届かなくて、ぐちゃぐちゃで……、そんなのを巡りめぐる旅行。

こんな難しい舞台、けど素晴らしい舞台に、今回はキャストになれなかったけれど、いつか挑戦出来たらなと改めて思いました。


古城さん、無理とか言わない!(~_~;)


残り3ステージ、どんな旅行を見れるのか、是非とも一緒に観ていきましょう。

谷本健志。


ミカン君「なに!? もうすぐ奇妙旅行が終わる? 劇場に行かなくちゃ!!」
DVC00027.jpg
posted by sgy127 at 01:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日記