「役者たちの修行日記」

2012年05月29日

リニューアル

関谷でござる。

『蠅の王』から『みんな豚になる』にタイトルもリニューアルしましたが。
キャストも変わって新しい作品になりまする。


で、今日のお稽古は私の演じる寒川さん登場シーンから入っていきました。

あれやこれやのダメ出しを受けながら、寒川さんもどんどんリニューアルされていきました。

初演時、イキオイだけと言っても過言でない状況で、ホントにイキオイだけで乗り越えた寒川さんという人物も、今回みっちり深めてゆけるのだ!という幸せを噛みしめることになりそーです。

心情ベースはかなり、リニューアル。

まだ2日目の本日のお稽古で、随分と人間らしくなりました。

ここからスパイスを色々きかせて、ちょうどいい塩梅を模索してゆこうと思いまする。

余談ですが、風邪を召した気配のワタクシ、流行りは喉にくるらしく、咳がとまりませぬ。熱などは全くないので元気なのだがとにかく声がでませぬ。いただけないオカマさんみたいなこの声は失笑と同情をかうばかり。

アタシャ公演前稽古では体調管理の鬼なんですが……不覚でした。

急に暑くなったり、朝夕冷えこんだり、予期せぬ冷房にやられたり……

皆さまもどうぞお気をつけて。

私もはやく風邪治します。

ちなみに写真はリニューアル台本。
名前の書きっぷりに気合いをかんじますな。
rps20120529_232552_299.jpg
posted by sgy127 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

稽古初日。

原田です。

7月に上演の『みんな豚になる〜あるいは「蠅の王」〜』の稽古がいよいよ始まりました!!

西新宿の高層ビル群に見下ろされるように囲まれてたたずむ某稽古場にて、
今日28日が稽古初日でした。

昼間の雷雨も、稽古の始まる夕方にはあがり、ひと安心。

しかし、まだまだ一雨降ると寒いですね。本番にむけての稽古もスタートしたことですし、体調管理に気を付けねば!

このブログをご覧のあなた様も是非お身体ご自愛ください♪


さて、稽古初日の今日は、一場から終わりまで順に読み合わせが行われました。
今回のお話のテーマは、パワーハラスメント。

働く大人達の間のいじめ…。
出演者がセリフを読みあげていくのを聞いてるだけで、
いやぁ、こ、コワイ((((;゜Д゜)))

なんてところも(笑)

4月からワンツーワークスのメンバーになりました私は、ハラハラドキドキしながら傍聴しておりました。
これに動きがついて、音や光が入って、そして豚!?
豚が出る!?

いったい本番がどんな感じに出来上がっちゃうのか、
皆様是非劇場に観届けにいらして下さいませ!!

稽古後は客演の藤敏也さん、武田竹美さん、片桐レイメイさん、林田航平さんと劇団メンバーで、これからよろしくお願いしますの飲み会になりました。

皆様明日もよろしくお願いします。

写真は稽古場の窓の外のつる状の植物。本番を迎える頃にはこちらも何か咲くかしら?

原田
SH3K0195.jpg
posted by sgy127 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月27日

伝える

11月公演『産まれた理由』のホットシーティング。
取材してきた事を報告し、実際に一部を演じていく。
自分が取材したなかで、「伝えたいこと」は何なのか。
人の言葉やキャラクターをどうしたらちゃんと伝えられるのか、ドキュメンタリーシアターはすごく考えさせられる。
うまく伝えられない、自分の技量のなさを痛感。

語ってくださったことを大事に、多くの人に届けたい。

まだまだ、これからですが、頑張ります。

増田和


こちらもよろしくお願いします!
『産まれた理由』メイキング
http://ameblo.jp/umaretariyuu-12/

CA380131.JPG
posted by sgy127 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月26日

何やらオーディションの様な緊張感――今から何が起こるのだ?劇団員が選んだ戯曲は!何故かシェイクスピアが多かった…の巻。

一分程度の独り語り/もしくは相手役を登場させなくてできる一分程度の会話の抜粋…
を各人用意して稽古に臨むようにと、先週木曜日に宿題を出された。

週二回の基礎稽古のうち、木曜日は「シーンスタディ」。“戯曲を読み解く”お稽古です。
大変楽しい。

本日の基礎稽古を区切りにして、しばらく本公演(『みんな豚になる〜あるいは蝿の王〜』)
の稽古に入りますので、とりあえずの決算稽古。で…何故か突然の宿題。


私は井上ひさしさん(発表の時、井上靖と言って笑われました…恥ずべき演劇人生ですわ)
の「化粧」を選びました。
大変残念ながら、見ることなく終わってしまったのだが、それでも渡辺美佐子さんの姿が
ちらついて畏れ多すぎ……ますけれども!一度声に出して、セリフを言ってみたかった。

楽しかったなぁ。
ダメは「重心が高い」「夕佳でしかない」………ことあるごとに言われているダメだけど、
それも嬉しいな。
話、すりかわっちゃうけど、二年…三年劇団を離れていて、
“失敗していい場所”のありがたさをしみじみ感じています。

ダメを聞いて、魅力的になりたいなぁ…なんて思ってるのだな(照)
自分の技量のなさを実感していたところ…に、具体的な指示。感謝しています。

え〜…写真は、古城さんのダメ出しに、小さいお婆ちゃんみたいになっている、
先程まで確か“ヘンリーV世”だった奥村洋治氏(笑)

大先生も巨大先生のダメの前にタジタジですな。うひひ。

―――ってなお稽古でした。マル。


山下夕佳

12-05-24_002.jpg
posted by sgy127 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月19日

ちょぉ〜気持ちいいっ!

おはようございます。

今日は劇団の倉庫に行ってきます。日暮くんと谷本と私と男三人です。
日暮くんと谷本は、強烈な雨男です。しかしっ!快晴です。ちょ〜気持ちいいです。
日暮くんは寝不足らしく、谷本はまだ若すぎて本領発揮出来なかったかなぁ。 快晴です。

倉庫行きのメインは「みんな豚になる」関係ですが、「誰も見たことの場所」(大阪公演9月)、「産まれた理由」(赤坂レッドシアター11月)のもろもろを発掘しに行ってきます。

いざっ!大密林へ(^O^)/

夜は「産まれた理由」のホットシーティングです。


越智哲也
100130_153822.jpg
posted by sgy127 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月17日

17年

お久しぶりでございます。アラヒフ団員の加島博美でございます。

昨年の秋に17年ぶりに劇団復帰をしたわけですが、まぁ、なんと言いますか、、17年間という月日はやっぱり長い時間なんだな、ということを基礎稽古に参加する度に、思い知らされます。

時代が変わり、世の中も変わり、トレンドも変わり、そして自分が変わっている。
のんびり日常生活だけしていたら、きっとこの変化には気がつかなかったかも。

体力、精神力、瞬発力、判断力、応用力、感受性、経験値etc...

今日も「私自身」をしっかりと見つめることができました。

アラヒフでこんな経験ができるなんて、いいよねー。

写真は1992年の「夏の夜の貘」のワンシーン。テレフォンカードです!引き出しの整理をしていたら出てきたよ。
2012-05-17 23.30.41.jpg
posted by sgy127 at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月16日

命量

奥村ですがね。

5月14日(月)は、あたしゃ、昼間はBossの代わりに、さる高校に代理講師として行きまして、で、お膝元のワンツーワークスの稽古に、ちと遅刻で入りました。
 間もなく、広島で毒吐きまくりだったであろうBOSSが入り、前回やり残した「誰も見たことのない場所」の団内オーディションの続きをやったわけだに。

映画「風の谷のナウシカ」の最後の方に「巨神兵」と言うのが出てきますよね? ウィキペディアでは、「1000年前に産業文明を崩壊させた『火の七日間』で世界を焼き払ったといわれる巨大な人型人工生命体」
 風の谷に迫るオームの大群を食い止めるためにクシャナが覚醒させるも早過ぎたために全身は腐敗しており…上半身を起こし、オームの群れへプロトンビームを2発放ったあと、肉体が完全に溶け落ちて絶命してしまった。−−とあります。

殴り合いの喧嘩の仕返しに原子爆弾を落とすような、次元の違う破壊力を持ってたプロトンビーム。うちのBOSSは巨神兵じゃないかと思う時があります。

ダメ出しのエネルギー量がハンパない。つーか、振返ればいつの時もやつのエネルギー量はハンパなかった。そして、体は腐ってきている(ように見える)。ケンジあたりにプロトンビームを放って崩れ落ちる姿が想像だけで終わればいいのですが。

写真は看板の張り替えやってたので。
おっさんの梯子は看板の上に引っ掛けるのみ。命綱なし。〇〇玉ちぢみあがる感覚。ふふふ。女には分かるまい。

違う意味で命量がハンパない。
120419_101733.JPG120419_102053.JPG
posted by sgy127 at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月12日

他人ごとじゃなかった

関谷でござる。

『誰も見たことのない場所』のキャスティングオーディション3日目でござる。

初演からはや5年、何度かキャスト替えをしながらの公演、新メンバーも加わりまた今年も新しい作品になりまする。


私の役は変わらないんだけど、オーディションメンバーのやる役をあれやこれや集中的に深めてゆく3日間。
自分の役じゃないけど、演出から飛び出すけっこうな毒……もとい、様々なダメだし、を聞いていると色んな発見がありまする。

で、稽古後帰宅してその役について急に考えだし思いを深めちまった昨晩、しまいには夜中にひとりで演じはじめ、ここはこうだな、とか、あぁここ繋がんないな、とか、この気持ちを表現するには……、とか、泣いたり怒ったりして気づけば「がび〜ん!3時じゃん!」

……自分がやるわけじゃないのにムダな労力をつかってしまった……あと1時間で起床なんですけど(涙)。


ま、そんなこんなで本日も過酷なお稽古と相成りましたが(笑)、オーディションメンバー共々気合い充分で臨んだ3日間でした。

自分の役以外にも面白さがいっぱい発見できて良かったッス。
今年も『誰も〜』で行くぜ、大阪!


ちなみに写真はこれからスタート、という稽古場。ちょっとピリリとしとります。
120510_1929~0001.jpg
posted by sgy127 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月10日

『存在感』を思う、せっつない夜…

本日は旅公演『誰も見たことのない場所』の、 新キャストオーディション二日目です。

あ…私、山下夕佳です。戻りました_(^^;)ゞ _(^^;)ゞ_(^^;)ゞ

さて、私はこの芝居の初演を、休団中に客とし て見に行きました。 そしていたくいたく感動し…中でも今回私がや ることになった様々な役を演じていた、劇団朋 友の西海さんの演技の素敵さに、改めて驚き… 「小さいのに滲み出る存在感…スゲェなっ」っ つって、大変満足して興奮して、帰宅したんで した。

………自分があれをやるのかと思うと…切ねぇ。

私の役はすでに決まっているのだけど、手間の かかる私のために、全部のシーンを、昨日から ざっくりやらせてもらっています。

笑われまくる45才(T-T) …切ねぇ…。

写真は、関谷さまを相手にふにゃふにゃしたセ リフを漏らしちゃってるとこ…か、もしくは、 重心を上げたり下ろしたりしようとして、ぴろ ぴろぱ〜になっているところだと思われます。 あ〜あ。

……西海さん! 私、頑張るよっ!! 「デカくて漏れまくる知能の低さ」で!

(T-T)。
CA380089.jpg
posted by sgy127 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年05月09日

ずるっと…

今日から3日間、『誰も見たことのない場所』の座内オーディションです!

『誰も見たことのない場所』は、様々な方々へのインタビューをもとに作られた、語られる言葉すべてが、誰かの思いのつまっている大切な作品です。

作品と向き合う度に、覚悟がいるなと、気の引き締まる思いで望んでいます。


が…、気持ちが動いていないのに、ずるずるしゃべる自分。
気持ちが移るのに時間がかかるところはかかっていいのに、何かに追い立てられて(自分に負けて)、ずるずる、ずるずるとやってるつもりになっている。

誰かに、何かを伝えるってことは本当に難しい。
と改めて思わされる1日でした…。

まだまだこれから、明日もオーディションです!

増田和
CA380086-0001.JPG
posted by sgy127 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記