「役者たちの修行日記」

2012年04月17日

新メンバー

こんにちは☆

昨日は、基礎稽古でした。4月から新メンバーが三人増え、活気があります。
人が増えると価値観が増えるので、僕は楽しいです。
もっと増えてほしいと思います。
あなたもワンツーワークスのメンバーとして、芝居をしませんか?
ん〜☆

ホームページが充実してきています。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

昨日は、基礎稽古でした。日々の積み重ね。素敵な役者、素敵な集団になるよう頑張ります。
これからも、もっともっと見て聞いていただけるよう頑張ります。
よろしくお願いします☆

越智哲也
120407_160200.jpg
posted by sgy127 at 15:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年04月13日

猛獣

奥村ですがね。

 猛獣(「殿」に読み替えOK)がから炎を吹き出している。あの炎に当たったら命が危ない。

でも今日の私には「役者の修行日記」のために写真を取る使命がある。
私は猛獣の向こう側にあるカメラ機能付き携帯電話を取るべく、一歩踏み出した。
「あら? おじいちゃんどこ行くの?」
来たぁ! 700℃はありそな火柱。「今捨てたタバコの温度は700℃」私は耐えた。これはまだジャブ的な攻撃だ。それに反応しようものなら何千度の炎がくるか分らない。少し髪は焦げたが重度の火傷じゃない。

私が反応しないことに鼻白んだか、大した追い打ちもなく自席に戻れた。
鼻白んだ自分に腹を立て改めて猛獣は正面の生け贄に炎を浴びせる。
私はカメラを構えた。会場の空気は核戦争後の世界のよう。

ピロピロリーン

こんなシャッター音に誰がした! それは私です。
「今かい」 猛獣の隣りで周囲の警戒にあたっていた姫がつぶやく。
たたみかけるように猛獣が「よっぽど俺様の邪魔がしたいんだな。」
1200℃。私は首もねじ切れんばかりに横に振り、かわそうとするが炎の端っこに触れてしまった。

気がつくとベッドの上。野戦病院か? あ、写真は? 写真は? あ、無事だった。
焼かれて真っ黒の虫の息の生け贄たちです。
カズナリタケシテツヤ。
120412_204452.JPG
posted by sgy127 at 08:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日記

花見

奥村ですがね。

ぎりぎりでございました。翌日は花散らしの雨となり、満開を迎えた後の桜には酷な試煉が待構えていたのでございます。

劇団のメンツと、あ、ひとり飛び入りゲストを入れて花見に行きました。いや行けました、という思いが正直なところです。

10日(火)。いつもの善福寺川緑地公園。さすが。見事な桜でございました。津々浦々の桜の名所に引けを取らぬ豪華な風情でございました。

…話の終わりをどう閉めればいいのか、そもそも、修行と関係ないじゃん。おまけに写真は違う場所のだし…。
赤羽駅から北赤羽へ向かう道がまた桜のトンネルなんですよ。
120410_105028.JPG
posted by sgy127 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年04月06日

今日も今日とて

奥村ですがね。

 「あれ? みんな半袖だ。」
 ケンゴが汗だくなのをひとしきりイジリ倒したあと、姫がつぶやく。
 「そういえば姫一人長袖でござるな。」
 問いが聞こえたかシカトか、袖口をのぞき込んでなにやら数え始めた姫。
 「6枚着てる。」
 袖口から数えられるということは、その6枚すべて長袖。すでに体の保水力を失いつつあるこの枯れ枝爺でさえ半袖Tシャツ一枚で汗も出ようかという運動をしたあとで、同じ運動量の姫は長袖6枚!

恐るべし!

「う○こでも頭からかけたら、よくなるの?」
「殿!過激過ぎます。」
「だって、う○こかけたほうがスッゲェ臭い分、このなんもない無味無臭よりいいよ。」
新人のタケシの読みに対する殿の罵詈雑言。今度の芝居はパワハラ絡み。実体験させようとの親心か? にしてもあと96年しかないこの爺めの寿命をも縮めさせかねない痛いモノ言い。

健在!

…今日も今日とて、ワンツーワークスの基礎稽古は続く。
120405_184310.JPG
posted by sgy127 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年04月03日

風いまだ強し

奥村ですがね。

 風強し。電車、江戸川渡れず、総武線・東西線・京葉線風止み待ち。
 小岩駅で既に二時間半待機中の身。

 東京新聞買ってみる。トップは「世界版SPEEDI 『全部公表』データに穴 文科省・安全委 責任押しつけ合い」
うん?と探すとあった。25面に。「ふくしま作業員日誌」記事の最後に「(聞き手・片山夏子)」

恥ずかしながら、あれだけ何回もアフタートークに出て頂いて、酒の席でもご一緒して、まだ一度も片山さんの記事の現物を見たことがなかった。

怪物低気圧ありがとう。
120403_221016.JPG120403_221124.JPG
posted by sgy127 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記

2012年04月02日

ゲロゲロ稽古

明日は台風並の強風がふくそうな
今日の稽古場は嵐の前の静けさなのか完全無風状態、受け身ではいかんぜよと自分に言い聞かせるけいこでした
写真はビール片手のおち
今度の稽古では嵐を!
NCM_0213.JPG
posted by sgy127 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記